ウォーターサーバー口コミランキング【安心で人気の水を比較】

ウォーターサーバーを導入して水を飲む意識を高める

ウォーターサーバーを導入するメリットは、何もただ単に美味しい水が飲めるというだけではありません。

 

では他に何があるのかというと、日々水を飲むことに対する意識を高めることができるというメリットです。

 

ウォーターサーバー http://www.lofa.org/

 

ウォーターサーバーは言うまでもなく有料サービスですので、

 

導入するにはそれなりの金銭的なリスクがあります。

 

しかし、そうしてリスクを負ってまでウォーターサーバーを導入すれば、

 

自分の中に「毎日水を飲まなければいけないな」という気持ちが芽生えますので、

 

それが健康のためにはとても良いです。

 

たとえば、男性がかかりやすい生活習慣病に、痛風や尿管結石など、

 

水をたくさん飲むことで予防できる病気があります。

 

もしもウォーターサーバーを設置していなければ、そこまで水に対する意識は高くなりませんので、

 

水を飲むことをサボってしまうかもしれません。

 

しかし、金銭的リスクを負ってウォーターサーバーを設置すれば、否が応でもウォーターサーバーが目に入りますし、

 

それによって「水を飲もう」という意識がとても高くなります。

 

そして、ウォーターサーバーの水はミネラルウォーターでミネラルが豊富ですから、

 

それは体の健康に対してとても良いことです。

 

ですので、たとえ金銭的リスクがあっても、

 

そのリスクを超えるメリットがウォーターサーバーにはあると私は思っています。

ウォーターサーバーを導入するにあたってのメリット、デメリットについて

ウォーターサーバーを設置することにはメリットとデメリットがありますので、それを正確に把握して量りにかけ、導入するかどうかを決めましょう。

 

焦って導入すれば失敗の元となります。

 

 

 

・手間が省ける

 

今まで市販のミネラルウォーターを買って飲んでいた人にとっては、買いに行かなくとも自宅に常にミネラルウォーターがある状態は手間要らずで便利です。

 

さらに市販の水より安いのもお得です。

 

 

 

・新鮮な水がいつでも飲める

 

都会の水は飲んでも健康被害はないものの、あまりきれい・おいしいといえるものではありません。

 

ウォーターサーバーを設置しておけば、いつでもおいしくきれいな水を飲むことができます。

 

料理に用いたり、お酒づくりに使ったりすることによって飲食物の質も上がります。

 

 

 

・電気代が安い

 

ウォーターサーバーを使うためには電気が必要ですが、ポットで沸かして保温しておく事や、電気ケトルで必要となるたびに沸かすよりも安い電気代で給湯機能を使うことができます。

 

待機電力も非常に少ないため、導入する事で電気代に響く事はまずありません。

 

 

 

・緊急時に助かる

 

降水量の少ない地域では、断水が行われることがあり、天災に見舞われた場合にも断水が行われます。

 

断水によって水が使えない時間があることは、想像以上に不便なものです。

 

そんなときにもウォーターサーバーがあれば、冷たい水を飲むことができます。

 

料理のための水も確保できます。

 

 

 

逆にデメリットにはどのようなものが考えられるでしょうか。

 

以下のようなデメリットがあることを知っておきましょう。

 

 

 

・設置場所と保存場所

 

最もよくあげられるデメリットはこれです。

 

サーバーを置くスペースに困るという事や、予備のボトルの保管場所にスペースを作るのがわずらわしい、邪魔になるという意見が多数上がっています。

 

 

 

・解約手数料がかかる

 

契約をしてから6ヶ月以内や12ヶ月以内(業者によって違う)に解約をしようとするならば、解約手数料がかかることがほとんどです。

 

これはウォーターサーバーは重く大きいため、レンタルしていたものを引き取って会社に持ち帰るための運賃がかかることによって、解約手数量が必要となっています。

 

 

 

・ボトルが重い

 

ウォーターサーバーのボトルは12Lのものが主流です。

 

これをセットするとき、12Lもの重さのものを胸の位置まで、あるいはそれより高く持ち上げる必要があります。

 

男性でも力を入れなければならない作業ですが、これを女性や高齢者がするときには危険です。

 

卓上タイプのものを選ぶなどして対処しましょう。

 

 

 

これらがデメリットといえます。

 

以上のメリットとデメリットを考え、導入してから後悔しないようにしましょう。

ウォーターサーバーが多くの人に愛され続けている理由とは

近年、ウォーターサーバーの人気は急上昇しています。

 

導入している家庭も珍しくなくなりましたが、なぜここまで人気が出たのでしょうか。

 

それにはいくつかの理由があると思います。

 

 

 

 

まず、利便性です。

 

ウォーターサーバーには冷水機能と温水機能が備えられているため、ウォーターサーバーさえあればどれほど暑い日でもいつでも冷たい水を飲むことができ、どれほど寒い日でもいつでも熱いお湯を使うことができるのです。

 

これは使うまではなかなか便利さが分かりにくいのですが、一度使うと手放せなくなる便利なものです。

 

 

 

また、2011年以降に伸びを見せたのは、まぎれもなく東日本大震災の影響でしょう。

 

あの当時被災地では深刻な被害を受けており、ライフラインは立たれてしまいました。

 

ライフラインとは水、電気、ガスですが、これらのうち電気とガスはなくてもしにはしませんが、水が不足することは死に直結する問題です。

 

このため、ウォーターサーバーを導入しておく事で、つねに家にボトルが何本か備えられている状態を作っておく事の重要性を多くの人が感じたのです。

 

 

 

さらにあの当時、原子力発電所の放射線問題で、水道水が汚染されているのではないかと騒がれた事があり、どこそこの水には、空気には、○○には、セシウムが何ミリシーベルトと大騒ぎされたものです。

 

あのようにマスコミが国民の不安を煽るという馬鹿なことをしたものですから、水道局が安全な水道水を供給するようにどれだけ努力を重ねても、人々の意識には水道水に対する不安が残る事となったのです。 

 

 

 

水道水が使えなければ、注目されるのは有料の水です。

 

そこで、ウォーターサーバーの普及が大きく広がっていきました。

 

これもウォーターサーバーが広まった大きな理由に違いありません。

 

 

 

そのほかに理由としては、健康志向の高まりによるものでしょう。

 

おいしいジュースには糖分がたくさん含まれており、カフェインを含んだ飲み物もたくさん流通しています。

 

このような中で、もっとも安心なのは水であるという判断をされるような流れができているのです。

 

ウォーターサーバーは、人々の健康志向を満たすのに十分な性質のものだったのです。

 

 

 

以上のような理由によって、ウォーターサーバーの普及は広がり続けています。

 

そして、これからもミネラルウォーター以上に安全で健康に害がなく益がある飲み物は出てこないでしょう。

 

人間の生命維持のために最も基本となるのは水であり、水産業が衰える事は考えにくいといえます。

ウォーターサーバーの選び方ポイント

 

現代は食の安全が頻繁に問題となる時代です。

 

そのため、水道水を不安視する方も多かったり、より良い水を使いたいと考えている方も少なくありません。

 

そんな方にオススメなのがウォーターサーバーですが、一言にウォーターサーバーといっても数多くの会社が提供しており、どれを選べば良いのかわからないという方も多いかもしれません。

 

そこで、以下ではウォーターサーバーを選ぶ際のポイントについてご紹介します。

 

 

 

・水の種類から選ぶ

 

ウォーターサーバーの水は大きく「RO水」と「天然水」の2種類分けることができます。

 

「RO水」は水道水を濾過したもので、後からミネラル等を配合しています。

 

「天然水」は、自然から採れた水をそのまま使用したもので、

 

天然のミネラルが豊富に含まれています。

 

値段は「RO水」の方が安いことが一般的ですが、

 

より品質の高いものを求める場合には「天然水」がオススメです。

 

 

 

・デザインで選ぶ

 

今はウォーターサーバーのデザインも多種多様となっています。

 

ちょっとした隙間に置けるコンパクトなものから専用の台が必要な大型なものまであるため、

 

自身の家庭に合ったものを選ぶようにしましょう。

 

 

 

・コストで選ぶ

 

同じウォーターサーバーであっても販売している会社ごとに費用は大きく異なります。

 

もちろん、コストの高いウォーターサーバーは品質も良く衛生管理も万全になされていることが多いですが、

 

余りにも高級なものを選んでしまうとコストを維持できず、

 

辞めなければならないということになってしまうケースも多くみられるため、

 

経済的な状況と照らし合わせて選ぶと良いでしょう。